人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

青木定治(あおきさだはる)

青木定治(あおきさだはる)
パティスリー・サダハル・アオキ
[東京・丸の内]

1.パティシエの略歴
2.パティシエのお店
3.パティシエの関連リンク
4.パティシエについて書かれたブログ

1968年東京都生まれ。89年まで青山[シャンドン]に勤務後、単独渡仏。パリ[ジャン・ミエ]スイス[レストラン ジェラルデ]を経て、パリ[クーデル]では、アントルメのシェフを勤める傍ら、コンクールなどにも積極的に挑戦。98年にはパリ7区にアトリエを構える(現在は13区に移転)。パリ市内のサロン・ド・テやレストラン、ホテル等、また幾つかのレセプションと提携したパーティへ、プティ・フール、アントルメを中心とした生菓子等を提供し好評を得ている。99年度のパリコレクションではKENZO・YOHJI YAMAMOTO・CHANEL・UNGARO・CHRISTIAN DIORなどのブランドへもお菓子を提供。2001年、パリ6区に初のブティックをオープン。アトリエでの製造、ブティックでの販売を実現させた。そして2005年3月15日、ついにフランス発の人気パティスリーが東京・丸の内に登場した。



1968年 7月1日に生まれる
1987年 町田調理師専門学校卒業後、東京・青山の“ シャンドン”に入社
1991年 渡仏。“ジャン・ミエ ”、“クーデール ”、スイスの“ ジラルデ”等で修行
1995年 “シャルル・プルースト・コンクール ”デギスタシオン部門1位、総合2位
“アルパジョン・コンクール・ペルティエ杯 ”デギスタシオン部門1位、総合3位
1996年 “ガストロノミック・コンクール・ジャン・ルイ・ベルトロ杯”デギスタシオン部門1位、総合1位
1998年 6月にはパリ7区に、現在は規模を大幅に拡大し、[パリの胃袋]ランジス市場に程近いパリ13区に個人のアトリエを構える。パリ市内のサロン・ド・テやレストラン、ホテル等、また幾つかのレセプションと提携したパーティへ、プティ・フール、アントルメを中心とした生菓子等を提供し好評を得ている。中でもマカロン、パウンドケーキにおいては各誌・各著名人からも評判を集めている。
1999年 パリコレクションでKENZO・YOHJI YAMAMOTO・CHANEL・UNGARO・CHRISTIAN DIORなどのブランドへもお菓子を提供した。 また日本洋菓子連合会の国際部のパリ支部を担当、 同時に日本の大手製菓企業にも技術指導などを行っている。
2001年 12月20日、パリ6区に「パティスリー・サダハル・アオキ」Vaugirard通り店をオープン
2002年 サダ・プロジェクトを結成。菓子製造については真摯に取り組む一方で、 定期的な情報発信型の新しいパティスリ?を目指す。
2003年 「パティスリー・サダハル・アオキ」Port Royal店をオープン
2004年 パリの大手百貨店ギャラリー・ラファイエットのグルメ館にて販売を開始。
2005年 全日本空輸パリ発東京便機内でファースト、ビジネスクラスのサービス用としてパティスリーの提供を開始。3月15日、フランス発の人気パティスリーが東京・丸の内にオープン
2006年 東京都新宿伊勢丹内にブティックをオープン。その後、東京ミッドタウンにもブティックをオープン。パリの新店舗とともに台湾にも進出し、現在ではパリに4店舗、東京に4店舗、台北に2店舗を構える。
2007年 ルレ・デセールの会員に登録される。
2009年・2010年 フランスでもっとも権威のあるショコラの格付けを行うCCC(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ)によって4タブレット(5段階評価)を獲得。
2011年 同格付けにて最高位となる5タブレット+スターを獲得し、上位12名にのみ与えられるAwardを授与された。また同時期にフランスではミシュランガイドに並ぶグルメガイドであるピュドロにて2011年の最優秀パティシエに選ばれるとともに、パリ市庁賞としてメダルがパリ市より授与。さらに日本でも、農林水産省主導による料理人顕彰制度によって料理マスターズに選出されている。
2012年 渋谷ヒカリエに東京で4店舗目をオープン
2013年 10月31日、世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で最優秀賞「板チョコ5枚+スター」を受賞。
TOPへ戻る

TOPへ戻る

TOPへ戻る


TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ