人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

桜井修一(さくらいしゅういち)

桜井修一(さくらいしゅういち)
フラウラ
[東京・世田谷]

1.パティシエの略歴
2.パティシエのお店
3.パティシエの関連リンク
4.パティシエについて書かれたブログ

1965年7月9日、埼玉県生まれ。武蔵野調理師専門学校卒業後、「マダム・トキ」「ルノートル」などを経て92年に渡仏。パリ「ジェラール・ミュロ」、「オテル・ド・クリヨン」「パティスリー・エグリーズ」「J.C.グルポー」などで3年間修業。1995年、クープ・ド・フランス入賞。帰国後、「パティスリー マディ」のオープンと同時にシェフ・パティシエに就任し、6年間シェフを務める。1年半の充電期間を経て2003年7月、フラウラをオープン。 その独創的な味わいとフォルムで「マディ」時代からその名を馳せた桜井修一シェフ。自ら構えたこの店では、シェフの「アンディヴィデュエル」という考え方がさらに明確に表れている。 「アンディヴィデュエル」とは、日本では一般的にプティ・ガトーと表現される1人前の小さなガトーのことだが、その呼び名が示すとおり、アントルメ(=ホール)の存在が前提になっている。 「小さなポーションで完結させることによって、アントルメをカットしたものよりも、ガトーのエッセンスや個性を凝縮して表現できる」(桜井シェフ)のが特徴。作業や手間は格段にかかるが、その分、食べ手はシェフのメッセージを余すところなく味わうことができ、さらに立体的で、遊び心たっぷりのフォルムを楽しむことができるのだ。もともとは料理人を志していたこともあり、スイーツよりも料理の食べ歩きが大好きという桜井シェフ。様々な分野から刺激を受けておいしいものを発想し、表現する楽しさを満喫している。楽しいパッケージやギフトにも工夫があり、手土産としても秀逸。これからもどんな風に我々をワクワクさせてくれるのか、楽しみでならない。



1965年7月9日、埼玉県で生まれる。武蔵野調理師専門学校卒業後、「マダム・トキ」「ルノートル」「ロジェ・ベルジェ」で修行を積む。
1992年渡仏し、パリ「ジェラール・ミュロ」、「オテル・ド・クリヨン」「パティスリー・エグリーズ」「J.C.グルポー」などパリの名店で3年間修業。
1995年洋菓子の世界大会「クープ・ド・フランス」で入賞。帰国後、「パティスリー マディ」のオープンと同時にシェフ・パティシエに就任し、6年間シェフを務める。また  「ジェラール・ミュロ福岡」のテクニカル・アドバイザーとして活躍。
2003年7月にフラウラをオープン
TOPへ戻る

フラウラ  [東京・世田谷]
TOPへ戻る

TOPへ戻る


TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ